早期からの治療




いつごろ始めたらいいの?どこまでが遺伝で、どこから防げるの?


  日常の会話で、”口元がお父さんにそっくり”などとよく耳にすることがありますが、
子供の顔だちが、親に似るのは当たり前で、あごの骨の形や骨に支えられる歯の並び方が、
ある程度、
遺伝(先天的要因)で、決まっていると考えるのが普通でしょう。
遺伝子治療でもしない限り、現在の矯正歯科では治せないし治すべきでもないかもですね。

これに対して、生まれた後、口元や歯並びが好ましくない影響を受けることもあります。
例えば、指しゃぶりをしたり、抜けてはいけない乳歯が虫歯で早く失われるなど、
歯列の周りの環境の変化(後天的要因) が関連することがあり、これは適切な観察で未然に防げます。


口呼吸が口元や歯並びに大きな影響を与えることがある、これはどうですか?

鼻炎が先天的に遺伝だったり、生活環境が悪くアレルギー体質となり、
鼻炎を併発という後天的な場合もあるでしょうが、
鼻が悪いことは、歯並びや口元に与える影響は実に大きい場合があります。
上あごの天井部分の骨は、鼻では床の骨に相当、つまり骨一枚はさんで口と鼻なのです。

本来は、呼吸というものは、本来、すべて鼻で行われるべきものなのですが、
何らかの原因で、鼻が悪いと、それをなんとか口で補おうとします。

すると、歯列の周りの唇、頬、舌などの筋肉は、
口で呼吸をしやすいように働いて、締り方が変わってきます。

また、姿勢は、口呼吸しやすいように簡単に猫背になってしまって、
頭蓋骨を一体となった上のあご、吊り下げられている下のあごの関係が崩れてきます。
当然、上下の歯列の関係も崩れてきますよね。姿勢を維持しているのも筋肉です。

鼻が悪くて口呼吸しようとすると、お子様方が成長の過程で、 様々な筋肉の働きが変わり、結果として口元や歯列に大きな影響を与えることがあります。


口呼吸が、口元や歯列に影響を与えることは、耳鼻咽喉科の先生方は当然ご存知です。


 鼻が悪く、口呼吸になることを環境因子としてとらえ、それに矯正歯科的に介入して、、
もとの遺伝で決まったあごや歯の形に与える大きな影響を防ごうというのが早期治療です。



 ここで、鼻閉から起こる口呼吸がどのような影響をもたらすのか説明していきましょう。
A.機能

機能の中でも、呼吸が真っ先に確保されないといけません。
B.筋肉


口呼吸をしたお子様では、色々な筋肉の働きが変化しながら成長します
@ 口が開く(図B) A 頬が閉まるく(図E)
B 舌が下がるく(図E) → C 舌が突出する 

D 姿勢が悪くなる(猫背、前方頭位)(図F)


C.歯、骨

歯、骨の形にこのような影響が出てくる。
@ → おとがいの(ウメボシ状の)しわ。面長(図G)

@+D →  上あごは頭とともに前に出て、(図F)
下あごは開いて歯も後ろへ、(図H)
横から見たら、姿勢から、出っ歯。

A+B → 上歯列が狭くなる。下歯列も狭くなる。
→ でこぼこ 前歯の突出(図D)(図E)(図I)

@+C → 出っ歯、前歯がかみ合わない(開咬)


具体的な早期治療は、

@.左右の上あごの継ぎ目が十分にひっつく前、
A.少しは無理できる子供の歯の根っこが十分ある間
に、上の乳歯をつかむ装置で左右の上あごの継ぎ目を離すように拡大し、その上の鼻腔も広げて呼吸を改善し、

口の周りや姿勢を決める筋肉が標準的でない成長をするのを改善する根本的な原因を断つ治療なのです。


その結果、歯を並べるためのスペースが大きくできて歯を抜かない矯正治療につながることにもなります。


成長治療中に、根本的な原因を治療するほうが、待つだけ待って結果だけを治療するより良いと考えています。









TOPへ